コストを抑えて収益アップ!オトクなリスティング広告代行プラン

より高いWEB広告の成果をもたらすため、リスティング広告を代理店に依頼したい方、あるいは代理店を乗り換えようと思っている方のため、代理店に関する情報をまとめています。

WEBサイトの集客には、もはや欠かせないものとなったリスティング広告。

ただ、リスティング広告は依頼する代理店や代行業者によって、反響やコストが大きく変わってきます。

WEB担当者の頭を悩ませる代理店選びを解決するため、費用を抑えながら大幅な反響アップが期待できる、優秀なプランを用意している代行業者をリサーチ。気になる方は、ぜひこのページを熟読してみてくださいね。

上司に「何がなんでもリスティングで成果を出せ!」と命じられた、広告担当のサラリーマン2人でリサーチしてみました。
自社の利益のため、私たちの昇進のため、必死で調べたリスティング広告の情報、どうぞご期待ください!

3つのプランで比較!本当にオトクなリスティング広告代行プラン

リスティング広告の最重要ポイントは、費用対効果の高い広告を出すこと。そのためには、代行手数料を抑えることがマストです。

広告費用を抑えるには、どんなプランを選ぶのが正解か。そこで私たちはまず、代表的な「定率制」「定額制」「テーブル制」それぞれの費用相場を調査・比較してみました。

    • 定率制

    • 手数料:広告費用の20%

      (例:広告費用100万円の場合、手数料20万円)
    • 広告費用の額に応じて手数料が増減するプラン。リスティング費を抑えた出稿の場合、必然的に手数料も少なくなります。

    • 定額制

    • 手数料:定額3万円

    • 広告費用がいくらであっても手数料が変わらないプラン。予算を増やしても手数料が増えないのが嬉しいですね。

    • テーブル制

    • 広告費用ごとに異なる

      0~20万円:手数料2.5万円

      20~40万円:手数料5万円

      40~70万円:手数料10万円

      70~100万円:手数料16万円

    • 広告費用によって、段階的に手数料が上がるプラン。一見定額制に見えますが、予算に応じて手数料も上がります。

1番お得なのはコレ!

恒常的にリスティング広告を展開するのなら定額制がNo.1!

各プランごとに一長一短はあるものの、やはり定額制のプランは手数料の面で優れています。

こんなプランを
探していた!

まず、余程少額のリスティング費用しかかけられない場合を除き、手数料そのものが圧倒的に安いです。そしてリスティングの反響が良く、さらなる予算を組んでも手数料が変わらないため、単純に利益率だけを高めることができます。手数料を気にして大幅なリスティング展開ができなかった会社にこそ、大きなメリットと言えます。

また、コストが一定に保たれているため、需要予測に合わせ、リスティング広告費用を変更する場合も予算が組みやすいです。

上司も納得!

広告予算を増やしても手数料が変わらないので、ガンコな上司へ稟議を通す際も説明しやすいという、現場ならではのメリットもあったり…。

ともあれ、最小限の費用範囲での出稿や期間限定などの場合は、他のプランも検討する価値はありますが、恒常的にリスティングからの集客を考えているのならば、定額制に勝るものはありません。

定額制を採用している代行業者を探せ!

結構まれなプラン

まだまだ少ない定額制プランの
リスティング広告代理店

顧客目線でのメリットが高いプランというものは、得てして業者にとってはデメリットが多いもの。

定額制プランも当然ながら、最大限の手数料を請求できないというデメリットがあります。そのため、定額制プランを採用している広告代理店は、まだまだ少ないようです。

リスティング広告の優れた代行会社を紹介します

注目の定額制プランを扱う
ジャックアンドビーンズ

今回調査をした中で、上記の表にも挙げた手数料定額3万円のプランを用意していた、株式会社ジャックアンドビーンズは要注目。同社は業界内で定額プランを打ち出した先駆者的な存在です。

定額プランは初期費用もゼロ円と、徹底的なコストダウンが図れます。

こうなると安かろう悪かろうじゃないのと心配ですが、ジャックアンドビーンズは自社内にWEB研究所をもち、トレンドに合わせてWEBでの売上拡大を総合的にサポートしてくれる、非常に専門性の高い代理店です。この最小限プランでも、リスティング広告の出稿サポートはもちろん、WEB広告にかんするコンサルティングの内容も充実。各社のKPIをしっかりとヒアリングした上で、LPOやアクセス解析を駆使した、収益アップの提案をしてくれます。

豊富なノウハウを持ち、安定した成果を得ているからこそ、この定額制プランを打ち出すことができるとも言えます。上位プランでも手数料は月額10万円で、毎月顔を合わせての戦略会議を行うなど、本格的なサポートが受けられます。

ということで、我々が出した答えは、ジャックアンドビーンズの定額プラン。リスティング広告代行業者選びに迷っている方は、一度チェックをしてみては?

ジャックアンドビーンズの公式サイトを見る

そもそもリスティング広告とは

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleでキーワード検索をしたときに表示される広告のこと。たとえば、Yahoo!やGoogleで「中古車」と入力し検索にかけます。すると、中古車に関する様々なサイトの紹介一覧が表示されます。この紹介一覧の上から数本、または右側のあたりに、「広告」と小さく表示されているものがあります。これがリスティング広告です。

サイトを通じて何らかの商品を販売したい場合、少しでもサイト紹介一覧の目立つところに貴社の広告を表示させたいのは当然でしょう。ところが、サイト紹介一覧の画面ではSEOという自動システムが働いており、「読者が有益に感じるサイト」を優先的に目立つところに表示させるようになっています。よって、せっかく貴社の広告サイトを作っても、SEOの働きによってあまり目立たないところに回されてしまう可能性があります。

そこで、このSEOのフィルターを回避して強制的に目立つところに広告を表示させるようというのがリスティング広告です。

なんのためにリスティング広告を利用するのか?

貴社の広告がネットユーザーの目に触れる頻度が増えるため、宣伝効果を通じて売上増が期待できます。一つの例を見てみましょう。

Yahoo!やGoogleで「中古車」と入力し検索した人は、中古車になんらかの興味を持っています。もちろん、全ての人が中古車購入を検討しているわけではなく、中には中古車市場の相場を知りたいだけの人、中古車の定義の分類などを知りたい人など、様々な人がいます。しかし、その様々な人の中には、必ず「中古車の購入を検討している人」もいます。これら「中古車購入を検討している人」は、検索画面の一番目立つところに表示されている貴社の広告サイトをクリックする可能性があります。広告サイトをクリックしたユーザーの中には、本当に貴社のサイトから中古車を購入する可能性もあります。

もちろん、本当にそのサイトから中古車の成約に至る人の比率は、ほんの僅かでしょう。しかし、インターネットは日本中、そして世界中に開放された空間です。この「ほんの僅かな比率」でも、貴社にとっては膨大な数の顧客となる可能性があります。

どのようにしてリスティング広告を利用するのか?

リスティング広告を表示したい媒体に依頼して、広告を表示させます。Yahoo!検索画面に表示させたければYahoo!に、Google検索画面に表示させたければGoogleに依頼します。

依頼する前提として、その媒体にアカウント(身分証明書のようなもの)を登録する必要があります。Yahoo!の場合は「Yahoo!ビジネスID」というものを登録します。Googleの場合は、普通のGoogleアカウントを登録したうえでadwordsというところから登録します。

アカウントの登録が済んだら広告サイトを作成し入稿します。入稿の際、予算設定を同時に行います。様々な予算設定のタイプがあるので、あらかじめチェックしておきましょう。

なお、始めてリスティング広告を利用する人にとっては、これら一連の作業が非常に難しく感じるでしょう。作業自体はうまく進んだとしても、そもそもの目的である「売上増」のための広告戦略をどうすれば良いか、が分からない人もいるでしょう。

現在では、より効果的なリスティング広告の作成を代行してくれる専門業者(広告代理店)も多数あります。状況に応じ、業者の利用も検討してみましょう。

リスティング広告の効果

リスティング広告を行なうと、短期的かつ爆発的に売上が上がることがあります。一方で、売上がほとんど上がらないこともあります。テレビCMを出しても雑誌に宣伝を掲載しても、売上が上がることもあれば上がらないこともあります。リスティング広告にも同様の現象があるということです。

一方でこの数年、リスティング広告の市場は急拡大しています。5年で市場が約2倍に膨らむペースです。なぜリスティング広告の市場が拡大しているのかと言えば、他でもありません、広告の効果を実感している企業がたくさんあるからです。

ただし、単にリスティング広告を出せば売れる、という甘い世界でもありません。リスティング広告を成功させるためのやり方・考え方があります。王道のやり方・考え方がベースにあってこそ売上が上がる、と理解しておいてください。大事なポイントを4つにまとめました。

競合に勝てる商品価値を持つ

リスティング広告に掲示された商品は、同業他社の類似商品との比較の土俵にのぼります。単に棚に陳列された商品に比べれば、その土俵にのぼっただけでも優位な立場になるでしょう。しかし土俵上で他社商品に負けてしまうと、貴社の商品は売れません。もとより土俵以前の問題として、ユーザーにとって有益な商品でなければ売れないことはもちろんのことです。

広告サイトの質を磨く

どれほど素晴らしい商品であったとしても、その素晴らしさを伝える広告サイト自体の質が悪くては、売れる商品も売れません。キャッチフレーズ、広告文章、画像のセレクト、全体の構成など、ユーザーの心に訴える質の高いサイトを作る必要があります。

リスティング広告に向いた商品を提供する

リスティング広告は、特定のキーワード検索をしたユーザーの目に触れる広告です。ユーザーは、よく知られた普通のキーワードから検索を始めることが一般的なので、あまりにも新しいジャンルや新しい単語をキーワードとする商品は、リスティング広告に不向きです。また、単品当たりの利益率が低く、かつリピート率が低い商品の販売においては、リスティング広告はあまり効率的な営業手法とは言えないでしょう。

リスティング広告の効果的な運用法を知る

リスティング広告の仕組み自体を理解したうえで、リスティング広告に特有のマーケティング戦略をたてて効果的に運用することが大事です。そのためには、ネット広告の豊富な運用経験とスキルが必要となります。もちろん、初心者でもリスティング広告を出すこと自体は可能です。ただし、効果的に運用できるかどうかはスキルに左右される、と言わざるを得ません。

「商品価値」「サイトの質」「リスティング広告に向いた商品」「効果的な運用法」といった4つのポイントを押さえていれば、リスティング広告は大幅な売上増につながる可能性があります。

代理店の選び方

リスティング広告を効果的に運用するためには、現実として高い運用スキルが必要となります。経験不足の状態でリスティング広告に着手しても、成功するか否かは運に左右されることでしょう。結果として、リスティング広告を専門に運用している業者(広告代理店)に依頼する方法が無難であり、効果的です。

ただし、リスティング広告の代理店にもまた「当たり・外れ」がある現実も否定できません。代理店の運用スキルの能力次第では、売上は何倍も違ってくるのがネット販売の恐ろしいところです。

以下では、リスティング広告代理店の選び方について4つにまとめてみました。

運用担当者のスキルが高い

実際に貴社の広告を運用する担当者と会い、その人のスキルや人格を確認してみたほうが良いでしょう。地理的に直接会うことが難しい場合には、Skypeなどで直接担当者と話してみることをお勧めします。

スキルがあっても、状況に応じてこまめに運用を考えてくれる誠実な人格の担当者でなければ、思ったような成果にはつながりません。逆に、スキルがなければ、どんなに一生懸命な担当者でも成果は期待できません。両方の要素がきちんと備わっていることが大事であり、そのためには、直接担当者と話をしてみることが大切です。

スキルについては、様々あるwebマーケティング資格のうち、その資格の中で最上級のものを取得しているかどうかを一つの基準にします。

人格については判断が難しいところですが、最低でも運用担当者と直接会えるかどうかがポイントです。少なくとも、直接会って話をした顧客を相手に、いい加減な仕事を提供するわけにはいきません。真面目に運用してもらうための牽制の意味でも、直接会ってお話することが大事です。それが叶わないのであれば、Skypeでも良いので頻繁に互いの顔を見て話をできる環境かどうかが大事です。

なお、メール返信や電話の折り返しなどのレスポンスの早さは、先方が仕事に責任を持っているかどうかを判断するための基本的なポイントとなります。

運用担当者にオーバーワークが生じていない

どんなに高いスキルを持ち、どんなに仕事に対して真摯な運用担当者であったとしても、オーバーワークの状態では1サイトあたりにかける労力が手薄になります。

手数料が妙に安いと感じた場合には注意してください。代理店自体の経営戦略が薄利多売になっている可能性があり、運用担当者にオーバーワークが生じている可能性があるからです。手数料が安くて、なおかつ、しっかりと運用をしてくれる代理店が一番の理想。しかしながら、手数料が安くても、仕事の中身や担当者の顔が見えてこない代理店には注意してください。

貴社の業種の広告に実績がある

貴社が所属している業種のリスティング広告について実績があるかどうかを確認しておきましょう。

リスティング広告の戦略は業種によって大きく異なります。キーワードの選定や運用方法見直しの基準やタイミングなど、それぞれの業種に特有の戦略が必要となります。貴社が所属する業種において実績が豊富であれば、こうした戦略も熟知している可能性があります。

最低契約期間が短い

できれば最低契約期間が短めの広告代理店を選ぶようにしたいところです。3ヶ月程度で契約を解除できる代理店であれば理想です。逆に、契約後1年、2年は契約解除できない代理店の場合は、よく契約の中身を吟味してみてください。

もちろん、どんな広告代理店でも長期的な契約を望んでいます。しかしながら、リスティング広告は、長期的に運用したからといって必ずしも大きな成果につながるものではありません。リスティング広告を出して3ヶ月程度で売上に変化が見られない場合には、代理店の見直しはもとより、リスティング広告の掲載自体を見直したほうが良いかも知れません。その意味で、1年契約、2年契約といった長期的な縛りのない代理店を選ぶことをお勧めします。

代理店ごとのメリットデメリット

リスティング広告は、自社でも運用ができますが、代理店を活用することで様々なメリットを享受することができます。一方で、代理店を活用することによるデメリットもあります。メリット、デメリットを比較して、リスティング広告代理店を活用するか否か、またどんな代理店を活用することが理想かの判断基準にしていきましょう。

代理店を活用することのメリット

広告運用を一任することができる

すでに説明したとおり、リスティング広告の運用は簡単ではありません。高いレベルのスキルが必要であり、なおかつ日々、運用の手間がかかります。代理店を活用することで、貴社ではこれらの業務から解放されます。貴社において、初歩から新たにスキルを積み上げていく必要もありません。広告運用のプロにすべてを一任できることは、代理店を活用する際の一番のメリットとなるでしょう。

商材に適した他の広告方法も提案してくれる

リスティング広告は万能ではありません。商材によっては、リスティング広告よりも、むしろ他の広告手段のほうが売上に貢献するといった場合もあります。広告代理店は、広告の専門業者であるとともにマーケティングの専門業者でもあります。他の媒体も併用したほうが売上に貢献するといった場合には、その具体的な方法もまとめて提案してくれることもあります。

ランディングページに関する簡単な助言をしてくれる

スキルの高い運用担当者であれば、ランディングページ(ユーザーが最初に見る広告ページ)を見ただけで、売れるか売れないかを簡単に判断できると言われています。「売れないページ」を「売れるページ」に改変する業務をLPOと言いますが、LPOの契約を結んでいなくても、最低限の助言を無料で行なってくれる代理店もあります。

代理店を活用することのデメリット

手数料がかかる

リスティング広告を自社で扱う場合でも代理店を利用する場合でも、Yahoo!やGoogleなどの媒体に支払う費用がかかりますが、代理店を利用する場合には、そこに代理店へ支払う手数料も加算されます。薄利多売を目的とする商材の場合には、この二重の費用のために利益が極めて低くなる可能性もあります。

自社にリスティング広告のスキル、ノウハウが蓄積されない

代理店に広告業務を一任することで、自社内におけるリスティング広告のスキルやノウハウの蓄積が遅れる、または蓄積されないといった事態が想定されます。代理店を活用する以上は自社内にスキルはなど必要ない、と思われる人もいるでしょう。しかし、代理店との対等な話し合いや、自社と代理店との共通語の確保のためにも、最低限のスキルは持っておくべきでしょう。

運用担当者によって成果が左右されやすい

代理店の運用担当者のスキルや熱意などによって、広告の効果は大きく左右されます。この点はすでに説明したとおりです。信頼できる運用担当者と関わることが大事です。

「定率制」「定額制」「テーブル制」の違い

リスティング広告代理店に支払う手数料は、「広告費用」を基準に、定率制、低額制、テーブル制の3種類に分かれます。なお、ここに言う「広告費用」とは、Yahoo!やGoogleなどの媒体に支払う費用の合計額のことです。

定率制

広告費用の額に一定の比率を乗じて手数料を算定するシステム。「一定の比率」は、一般に20%である場合がほとんどです。GoogleやYahoo!などの媒体に200,000円の広告費用を支払う場合、代理店にはその20%である40,000円を手数料として支払う、といった具合です(貴社が支払う合計額は240,000円)。

定額制

広告費用の額に関わらず、代理店に支払う手数料が一定となるシステム。広告費用が安くても代理店には一定額の手数料を支払わなければならない反面、広告費用がどれだけ高くなっても手数料が一定額であるといったメリットがあります。

テーブル制

広告費用の額に応じて手数料が変化するシステム。たとえば、広告費用が200,000円までなら手数料は25,000円、広告費用が200,000~400,000円の間ならば手数料が50,000円、といった具合です。

以上3つの手数料システムを比較した場合、広告費用の合計額にもよりますが、もっとも有利と考えられるシステムは定額制です。

リスティング広告によって顧客数が増えた場合、または、なかなか顧客数が増えない場合、いずれの場合でも広告戦略を見直す必要が出てきます。より広告の効果を出すためには、Yahoo!やGoogleに支払う広告費用をアップさせなければならないかもしれません。あるいは、Yahoo!やGoogleだけではなく、他の媒体も活用すべき展開になるかもしれません。

もちろん、広告に掛かる費用は、少しでも節約できるに越したことはありません。一方で、節約の姿勢を維持しつつも「将来的には広告費が逓増していく」と見据えておいたほうが、財務上のリスクマネジメントになります。「節約」と「費用逓増」。この相反する状況を両立させるには、現行の3つの代理店手数料システムのうち定額制がもっとも有利になります。

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。