リスティング費用

リスティング広告を利用するときの費用について解説しています。

リスティング広告にはどれくらいの費用がかかるの?

リスティング広告を検討するにあたって、まず知っておかなくてはならないのが費用のこと。どれくらいの費用があれば、リスティング広告を発信することができるのでしょうか。

ここでは、広告費用の目安や、費用の加算のされ方などについてリサーチしてみました。

リスティング広告は手軽に利用できる「クリック課金型」が一般的

リスティング広告の費用は、ユーザーが広告をクリックするごとに料金が発生する「クリック課金型」というシステムが採用されています。広告が表示されただけでは料金は発生しませんし、Yahoo!プロモーション広告やGoogle AdWords、レモーラリスティングといったリスティング広告では、初期費用さえ必要ありません。

1クリックの単価は、オークション方式で決まります。したがって、人気のあるキーワードほど1クリックごとの単価は高くなります。ですから、ニッチなキーワードほど安く広告を出すことができます。

1クリックごとの単価を調べるには?

リスティング広告の費用面をしっかり勉強したぞ!広告予算を立てるには、1クリックごとの単価を知る必要があります。クリック単価は日々変動しますが、特定の期間中のクリック単価の平均として「平均クリック単価(CPC)」という指標があり、これをベースに予算を立てることができます。

Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告では、キーワードごとの平均クリック単価を調べるツールが用意されていますので、それを利用すればクリック単価を知ることができます。

リスティング広告の費用を抑えるコツ

リスティング広告は、広告に関するキーワードや予算を細かく調整することができるため、広告費用を抑えて効果を上げるコツがあります。

1.クリック単価の低いキーワードを狙う

ひとつは、クリック単価の低いキーワードを狙う場合。人気のあるキーワードではなく、検索数の少ないキーワードや組み合わせを考えて出稿することで、低い広告料でコンバージョンを狙うことができます。

キーワードを組み合わせて検索するユーザーはよりニーズがはっきりしていることが多く、コンバージョンに結び付きやすいことも頭にいれておくとよいでしょう。

2.自社ページの品質スコアを上げる

また、自社ページの品質を上げることでクリック単価を下げることができます。広告の表示順は、入札したクリック単価とページの品質スコアによって決められます。品質スコアが上がれば、その分入札するクリック単価を下げることができます。

3.キーワードごとの予算配分を工夫する

リスティング広告はキーワードごとに予算の配分を変えることができるので、コンバージョン率の高いキーワードに予算を大きく使い、成約しにくいキーワードには予算を少なめにするなど、上手な予算配分で効果を上げることができます。

また、「このキーワードには広告を配信しない」という、キーワードの除外も大切です。商品に関係ない検索ユーザーに広告が配信されないように工夫することも大切です。

リスティング広告の代理店の費用は?

リスティング広告の出稿を、代理店に依頼する場合の費用はどのようになっているのでしょうか。

広告代理店の手数料は、「定率制」と「定額制」の2種類があります。定率制は、発生した広告料の何パーセントかを手数料とするもの。定額制は、広告料にかかわらず一定の金額が手数料として発生するものです。

●定率制と定額制、どちらがいいの?

結論から言ってしまえば、定率制と定額制なら、定額制を選ぶのが賢い選択なのではないかと思います。

たとえば、50万円の広告予算があり、定額10万円の業者と広告料の20%と手数料とする業者がいるとします。実際の手数料はいずれも10万円と同じです。これを例に考えていきましょう。

●広告料が増えれば定額制が有利

ここからさらに広告を追加すると、定率制の業者は手数料が上がります。広告を50万円追加すれば、手数料は20万円です。一方、定額制の業者は10万円のまま。ですから、広告料が増えれば増えるほど定額制のほうが有利になります。

広告料が安ければ、定率制が有利になることはもちろんあります。広告料が3万円なら手数料は6,000円とかなり安くなります。

しかし、定率制の場合は手数料の最低金額が定められています。定率制の業者でも、手数料最低金額が5万円だとしたら、広告料3万円の広告なんてとても出せませんよね。

●定率制の業者は広告料を下げることができない

定率制の業者の場合、実際に使う広告料が下がれば手数料も少なくなってしまいます。したがって、定率制の業者は広告予算をできるだけ使おうとします。広告料を下げたい私たちの思惑とは逆ですね。

一方、定額制の業者は、広告料が下がっても手数料は変わりません。ですから、クライアントである私たちが有利になるように、広告料を下げる提案ができます。

少ない予算で高い効果が上がる提案を期待するなら、定額制の業者を選ぶほうが有利になるわけですね。現状ではまだ定率制を採用している代理店のほうが多いのですが、どちらか選べるなら定額制の業者を選ぶことをオススメします。

定額制プランを扱うリスティング代理店のHPを見る

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。