リスティング広告代理店の選び方

リスティング広告の代理店選びで失敗しないための、大切なチェックポイントをご紹介します。

リスティング広告代理店はココで選ぶ!失敗しない代理店選びのポイント

リスティング広告の成果が出るかどうかは、広告代理店の選択にかかっているといっても過言ではありません。

もちろん、リスティング広告は自社運用も可能です。そこで費用をかけて代理店に依頼するのですから、相応の結果を求めるのは当然のこと。では、結果を出せる広告代理店はどうやって選んだらいいのでしょうか?

そこで、ここではリスティング広告の代理店選びのポイントをまとめてみました。

Yahoo!やGoogleの認定を受けているかどうか

まずチェックしておきたいのは、Yahoo!とGoogleの認定を受けているかどうか。

認定のない代理店でも実績を出すところはありますが、認定代理店から選ぶほうが当然リスクは小さくなります。

費用が明確かどうか

リスティング広告の費用システムをはっきり説明してくれる代理店を選びましょう。

たとえば、全体の費用を示されても、広告費用と手数料の内訳がわからなくては検討のしようがありません。問い合わせをしても「詳しくはあとでご説明します」といった曖手数料だけで選ばないから失敗しないリスティング広告昧な返答をする代理店は危険です。

●手数料で選ぶのはNG

いちばんの失敗の原因は、「手数料の安さ」で選んでしまうこと。「代理店なんてそんなに差がないのでは?」と思い込み、それなら安いところが良いだろうと考えて失敗してしまうケースは少なくないようです。

リスティング広告の成果は、代理店によって何倍もの差が生まれる可能性があります。手数料の差以上に結果の差が出るので、手数料の安さよりも、成果の出せる代理店を選ぶことのほうが大切です。

どこまで対応してくれるか

リスティング広告の運用について、どこまで対応をしてくれるのかも重要です。代理店を選ぶ上で、マストだと考えておきたいのは以下の6点です。

  • コンバージョン計測
  • 地域指定配信
  • 除外キーワードの登録
  • リマーケティング
  • ディスプレイ広告
  • ランディングページの改善・提案

別料金、オプションであってもいいのですが、これらに対応できない代理店は避けましょう。

契約期間が長すぎない

広告代理店の契約期間には、最低契約期間を設けているケースがあります。これが3か月を超える場合には注意をしましょう。

万が一、その代理店での実績が悪くても、ほかの代理店に変えるまでの期間が長く、損失が大きくなってしまいます。

コミュニケーションがとりやすい

また、担当者とのコミュニケーションもしっかりチェックしましょう。

代理店を選ぶときは、必ず担当者と一度は会って話をします。専任の担当者がつくかどうか、コミュニケーションを密にとることができるか(メールだけでなくチャット対応ができる、24時間対応など)、運用に関して提案を多くしてくれるかどうか、といったところを確認します。

リアルタイムで刻々と変化するリスティング広告は、担当者の対応の速さや、熱意・誠実さも重要です。信頼できる代理店、担当者を選びましょう。

その業種の実績があるかどうか

自社を含む業種での広告運用実績がある代理店を選ぶことも大切です。

リスティング広告では、キーワード設定の面においてある程度業種に関する知識が必要です。理解のない代理店では、その業種には合わなかったり、効果的でないキーワード設定をされる可能性があります。

同業種での実績があるかどうか、できれば会って話をするときに確認をするとよいでしょう。

実績豊富なリスティング代理店のHPを見る

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。