ランディングページ最適化(LPO)

リスティング広告代行業者が提供するWEBコンサルティングの手法、ランディングページ最適化(LPO)について解説しています。

ユーザーの行動をコントロールしよう!ランディングページ最適化(LPO)

広告をクリックすることで移動する先の自社サイトページを「ランディングページ」と呼びます。このランディングページを、コンバージョンに結びつくよう最適化するのがランディングページ最適化というテクニックです。Landing Page Optimizationの略で、LPOとも呼ばれます。

ランディングページ最適化は、コンバージョン率最適化(CRO)で行われるテクニックのうちの一つとも言えます。CROの中でも重要なものなので、ピックアップして解説していきたいと思います。

LPOの内容をチェック!

LPOのために行われる作業には、たとえば以下のようなものがあります。

1.ターゲットの属性・マーケットを把握する

広告やランディングページのターゲットは、インターネットを使いこなしてSNSを毎日チェックするような若者なのか、あるいはときどき通販で買い物をする程度の中高年層ランディングページ最適化に2人が納得もの!なのか。

ターゲットの属性によって、ランディングページの構成やデザインは大きく異なります。ランディングページのターゲットを再度定義するところから始めます。

2.広告とランディングページのメッセージを一致させる

広告のキャッチコピーなどの文言と、ランディングページに移動した後に目にするメッセージが一致していなければ、ユーザーの興味は一気に薄れてしまいます。これは、当たり前のことですが意外と見過ごしがち。ランディングページに呼び込めれば広告はなんでもOK、というわけではないのです。

広告をクリックしたユーザーの期待に応えるようなメッセージを打ち出すランディングページをつくることが大切です。

3.商品を購入する・契約するメリットを明確に打ち出す

その商品やサービスが、誰のためのもので、どんな特徴があり、他社製品より優れた面があって、これを購入することでどのようなメリットがあるか。

これらが明確に示されていることで、ユーザーは購入するか否かを決めます。必要に応じて、効果的な画像やサイト上のギミック、動画などを挿入することで、より訴求力を高めることも必要です。

代理店のノウハウを十分に活用しよう!

こういったLPOの作業は、ノウハウの蓄積がある広告のプロフェッショナル、つまり代行業者に依頼してしまうのが得策です。

効果的な宣伝方法はもちろん、広告のトレンドも把握している代行業者なら、私たちが必死に考えたものよりもはるかに効果的なランディングページを提案してくれます。

ランディングページを最適化し、コンバージョン率を高めるのはこれから必ず必要になるテクニック。ぜひ、LPOという言葉を頭に入れておきましょう。

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。