クエリ解析

 リスティング広告代行業者のWEBコンサルティングの中で行われる、クエリ解析について解説しています。

クエリ解析で知る、有効なキーワード設定

リスティング広告を設定・調整するにあたって、ぜひ参照しておきたいのが「検索クエリ」。検索クエリをていねいに解析することで、自社サイトに流入するユーザーはどんな検索ワードを使っているかがわかり、適切なキーワード設定と予算配分が可能になります。

「検索クエリ」とは

検索クエリとは、検索サイトで入力される検索キーワードのこと。ということは、検索クエリを解析すれば、ユーザーがどんなキーワードで自社サイトに流入しているかがわかるわけです。これをクエリ解析と読んでいます。

クエリ解析は、たとえばGoogleのリスティング広告ならGoogleウェブマスターツールで提供される「検索クエリ」機能で行うことができます。

●検索クエリでわかること

この検索クエリという機能でわかることには、以下のようなものがあります。

  • どのようなキーワードで検索して、自社サイトが表示されたか
  • 検索結果に自社サイトが表示された回数
  • 検索結果上で自社サイトはどれくらいクリックされたか、また表示回数のうちクリック数はどれくらいの割合か(CTR)
  • 検索結果での自社サイトの平均掲載順位

このデータがとれれば、予算の配分を大きくしたり、よりアピールしたりすべきキーワード、逆に不要なキーワードなどを知ることができます。

クリック「されない」キーワードもわかる

クエリ解析でわかることのうち、さらに重要なのは表示されているのにクリックされないケースを分析することです。

実は、検索キーワード自体はGoogle Analyticsというツールでも知ることができます。しかしウェブマスターツールの検索クエリ機能では、どんなキーワードでどれくらいのクエリ解析を極めた女性社員順位で自社サイトが表示され、そのうちクリックされない数も見ることができます。

ですから、たとえば「表示回数が多く、掲載順位も高いのにクリック数が少ないキーワード」といったものがわかります。ユーザーの検索に対して、クリックする価値のある情報を提供できておらず、自社サイト流入の機会を損失していることになります。

こういったデータが、クリック率やコンバージョン率の向上につながります。そのために行いたいのが、クエリ解析というわけです。

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。