検索エンジン最適化(SEO)

リスティング広告の代行業者が手がけるコンサルティング施策のひとつ、検索エンジン最適化(SEO)について解説しています。

検索エンジン最適化(SEO)とは?

リスティング広告代行業者のコンサルティングの中で行われる施策のひとつが、検索エンジン最適化。よくSEOと略されますが、「Search Engine Optimization」を略したものです。

広告費をかけずに、より多くのアクセスを集めるための手法

検索エンジン最適化が目指すのは、検索エンジンが「質の高いサイトである」と認識するように、WEBサイトを最適化することを言います。広告を利用せずにより多くのアクセスを集めることができるため、WEBサイトの集客のためにはマストとも言える手法です。

検索エンジンの最適化とは?検索エンジン最適化を行うことで、関連キーワードで検索したときの表示順位が上がることが期待できます。検索エンジンは、基本的に「関連性が高く、質が高い」と判断したサイトから表示していきます。ですから、その条件にマッチした設計・技術でWEBサイトをつくることが必要なのです。

SEOに対する誤解

検索エンジンで自社サイトを上位表示させるための手法には、検索エンジンのサイト評価の欠点をつくようなものもあります。これもSEOの一部ではありますが、これがSEOの本質であると誤解されているふしがあります。

以前はこれも効果的ではあったのですが、検索エンジン側で欠点を克服してしまったときに、逆に評価を大きく下げられるリスクがあり、また新しい欠陥を見つけるような作業が必要になります。そうなると、欠陥をつつくようなSEOは投資効果が下がっていくので、オススメはできません。

●正しいSEOとは

本当の意味でのSEOとは、あくまでコンテンツの質を高めること。外部からのリンクを集め、サイト構造がユーザーフレンドリーであり、また検索エンジンにとっても評価のしやすいWEBサイトをつくることです。最近の評価システムでいえば、モバイルフレンドリーであることは必須です(スマートフォンで見やすい、など)。

SEOコンサルティング

SEOの難しいところは、検索エンジンによるサイトの評価システムが頻繁に変わる、ということ。競合他社もいる中で、正しくSEOを理解し、常に最適化を続けるのはなかなか負担の大きいことです。

そこで、専門家であるリスティング広告代行業者に、検索エンジンの最適化を依頼します。これによって自社サイトの表示順位が上がれば、集客効果を高めることができるのです。

自社運用も可能ですが、専門家に依頼することでより高い効果が望めることは言うまでもありません。ぜひ、リスティング代行業者への依頼を検討してみてください。

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。