Instagram広告

もっとも注目されているSNS、Instagramに掲載する広告、Instagram広告の概要や特徴をご紹介しています。

今熱い!注目の広告媒体・Instagram広告

いまもっとも注目度の高いSNSは、Instagramだと言っても過言ではありません。多くの芸能人やタレントが利用していることもあって、若年層を中心に利用者が急増しています。

Twitterの利用者が徐々に減少を見せる中、Instagramは次世代SNSの中心として、既に存在感を増しています。そんなInstagramのサイトに広告が表示できることをご存じでしょうか。

ついにInstgram広告が解禁に!

社長の英断!インスタグラム広告が今熱いこれまでもInstgram広告は配信はされていました。しかし認定基準が厳しく、一部の大企業だけが出稿できる状況だったのです。

ところが、2015年10月からは、各企業が自ら設定した予算で広告を配信できる、セルフサーブ型と呼ばれる形式での広告出稿ができるようになりました。そのため、低予算からでもInstagram広告を始めることができるようになったのです。

投稿数・閲覧数ともどんどん増えているInstagramに広告が出せるとなれば、これは見逃せませんよね。

Instagram広告の種類

Instagramの広告は、以下の3種類が用意されています。

●WEBサイトへの誘導

Instagramの投稿とほぼ同じ形で広告が挿入されます。これをクリックすると、自社サイトへ遷移する形の広告です。

●アプリをインストール

こちらも、投稿と同じ形式での広告。ボタンを押すと、指定したアプリがインストールされます。特にスマートフォンでInstagramを見ている層はアプリにも敏感なので、積極的な利用が期待できそうです。

●動画広告

30秒以内の短い動画を広告として配信することもできます。

緻密なターゲット絞り込みで高い効果を期待!

これまでInstagramは、外部サイトへの誘導がしにくい形式でした。そのため、ビジネス利用はあまりされてこなかった側面があります。

しかし、今回のような形で広告が配信できるようになったいま、Instagram広告の高い効果に注目が集まっています。興味関心や類似ユーザーなど、より緻密にターゲットを絞り込んだ配信が可能なので、広告媒体として非常に大きな可能性を秘めていると思います。

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。