検索連動型広告

Google Adwords内の検索連動型広告、Google 検索ネットワークの概要や特徴をご紹介しています。

グーグルの検索連動型広告「Google 検索ネットワーク」とは?

Google検索ネットワークは、Google Adwords内で提供される検索連動型広告です。

Google 検索ネットワークの概要

検索連動型広告に社員も満足!Googleで何かを検索すると、検索結果画面に「ads by Google」と書かれた広告を見ることがあると思います。それがGoogleの検索連動型広告で表示されているものです。

Googleで検索したキーワードに応じた広告を、検索結果に表示することができるのがGoogle検索ネットワーク。リスティング広告と呼ばれるものの代表格ですね。

検索サイトとして表示に人気があり、「ググる」=「検索する」という言葉もあるほどインターネット検索の代名詞となっているGoogle。とりわけモバイル端末からの検索に強く、その広告訴求力は見逃せないものとなっています。

費用対効果が高い

Google検索ネットワークは、広告の表示そのものには料金がかかりません。クリックした数に応じた料金が発生するだけなので、興味関心のあるユーザーに対して絞り込んで宣伝をすることが可能です。

そのキーワードについて検索しているユーザーにアプローチするわけですから、興味関心の高いユーザーを自社サイトに呼び込むことができます。

複数のサービスで表示が可能

Googleの特徴は、検索サイト以外にも多くのサービスを提供していること。Gmailはもちろん、Google DriveやGoogle Map、youtubeなど、インターネットユーザーならまず利用したことがあるサービスを抱えています。

これらのサイトすべてに広告表示が可能なので、キーワード設定をうまく行えば多くのユーザーに訴求することが可能です。

幅広い広告の表示方法

広告のテキストや表示方法について、複数パターンを配信できるのがGoogle検索ネットワークの特徴。

広告テキストだけでなく、オプションで住所や電話番号などを表示することもできます。モバイル端末であれば、広告から直接電話をかけるリンクを表示することも可能です。

もちろん、曜日や時間帯、地域を絞り込んでの配信も可能。詳細なターゲティングによって、より緻密な広告宣伝を展開することができます。

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。