スポンサードサーチ

Yahoo!プロモーション広告内のリスティングサービス、スポンサードサーチの特徴についてご紹介しています。

Yahoo!の提供するリスティング広告・スポンサードサーチ

スポンサードサーチについて語り合う社員2人スポンサードサーチは、Yahoo!の検索キーワードに応じて広告を表示することができるリスティング広告です。かつては「オーバーチュア」としても知られていましたが、オーバーチュア株式会社がYahoo!と合併し、Yahoo!プロモーション広告内のサービスとなっています。

日本でも最大級の利用者を誇るYahoo!。とりわけパソコンからの検索数はGoogleよりもかなり多く、依然として検索サイト界の巨人として君臨しています。

そのYahoo!の検索結果に広告を表示できるため、幅広い層への周知が期待できます。それでは、その詳しい特徴をまとめていきましょう。

初期費用が0円!

スポンサードサーチは、初期費用がかからないのが特徴。クリックの発生ごとに料金が発生する仕組みになっており、設定した予算を使い切るまで広告を表示します。

もちろん、予算を消化した後に追加料金はかかりません。安心して利用することができます。

料金は前払いとなっており、最初の予算は3,000円~となっています。Yahoo!の推奨する予算は10万円(1日3,400円~)となっていますが、気にせず少額から始めるのもよいでしょう。

幅広いユーザーにアプローチできる

大手ポータルサイトの強みなのか、Yahoo!の広告には提携サイトが多く用意されています。代表的なものには以下が挙げられます。

  • excite
  • @nifty
  • 朝日新聞DIGITAL
  • bing
  • So-net
  • Ameba by CyberAgent
  • OKWave
  • Jword
  • Naver
  • Mapion
  • Vector

(2015年6月現在)

非常に多くのユーザーにアプローチできる可能性があることがお分かりいただけると思います。

まずはスポンサードサーチから!

スポンサードサーチは、リスティング広告初心者にオススメしたいもののひとつ。

検索結果連動型の広告はスポンサードサーチとGoogle Adwordsが挙げられます。まずはこの2つからリスティングをはじめるケースが多いと思います。

Google Adwordsは、Googleが評価する広告の「品質スコア」が低いと、広告が表示されなくなってしまいます。一方、スポンサードサーチは表示順位は落ちるものの表示がなくなることはありません。

広告の表示を続けながら広告の品質スコアを高めていくことができるので、広告のコントロールがしやすいのはYahoo!のスポンサードサーチだと思います。

リスティング初心者なら、スポンサードサーチから始めるのがベターではないでしょうか。

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。