広告の効果

このページでは、リスティング広告の効果について解説しています。

リスティング広告のもつ効果とは?

インターネット広告の中でも、特に効果が良いと言われるのがリスティング広告。検索したキーワードに関連する広告を表示するので、興味のある顧客に対してアピールすることができ、費用対効果に優れるとされています。

ユーザー・顧客の評価を受けるチャンスを得る

どんなに優れた商品やサービスであっても、人の目に触れなくては購入・成約に至ることはありません。インターネットで何かを売るためには、まず目に留まり、評価の俎上に上ることが重要です。

リスティング広告の効果に社員が納得!リスティング広告によって得られるのは、ユーザーや顧客が商品を評価するチャンスを得ること。広告出稿を考える上で、この考え方は重要です。

というのも、広告はあくまで最初のチャンス。商品が売れるかどうかは、商品そのものの質や価格、あるいは広告からリンクされているサイトのクオリティによって決まるからです。

効果を見て、仮説を検証しながらテスト運用をする

リスティング広告は、ほかの広告にくらべて比較的少額から始められるのがメリットのひとつ。これを利用して、広告の出稿の仕方を工夫して、テスト運用をしながら最適な広告をつくることができます。

広告を出すにあたって、仮説を立て、どれくらいの費用でどれだけのクリック、そして商品購入につなげることができたのか、データを参照しながら仮説を検証していきます。これによって、より効果的な広告戦略を探れるのがリスティング広告の優れた点です。

●Googleアナリティクスとリスティング広告の数字のズレの原因は?

広告の成果は、各種広告サービスが提供するデータによって検証することができます。Googleであれば、アナリティクスを利用する場合と、リスティング広告のツールを利用する場合の2パターンがあります。

しかし、この2つを見比べてもクリック数やコンバージョン数は数値が異なることがあります。これには2つの原因が考えられます。

ひとつは、セッション数とクリック数の違いの問題。アナリティクスはセッション数、リスティング広告はクリック数をもってサイトの訪問回数を示しています。

セッション数はサイトへアクセスし、閲覧した回数を示す(1セッション30分以内)のに対し、クリック数は単純に広告をクリックした回数を示します。ですから、広告を5回クリックすればリスティング広告は5クリックとなりますが、1回の閲覧を示す1セッションの間に5回のクリックが行われたとみなされれば、5クリックであってもセッション数は1しかカウントされません。

もうひとつは、コンバージョンの計測のタイミングの問題。アナリティクスはコンバージョンの日時をカウントするのに対し、アナリティクスはコンバージョンのタイミングに関わらず、最後に広告をクリックしたタイミングでコンバージョンがカウントされます。

たとえば、ある日に「パソコン 格安」で検索したときの広告をクリックし、パソコン格安販売サイトにアクセス。その日はサイトを離脱したものの、5日後にもう一度検索をして、広告ではなく通常の検索結果から同じサイトにアクセスし、商品を購入したとします。

このケースでは、アナリティクスでは5日後のほうをコンバージョン日とするのに対し、アナリティクスは広告をクリックした日をコンバージョン日とします。

これらの原因によって、Googleアナリティクスとリスティング広告は異なるデータを示します。広告の効果を正しく検証するためには、こういった広告データの仕組みも理解する必要があります。

リスティング広告に絶大な効果をもたらすなら?こちらに注目!

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。