広告の仕組み

リスティング広告とはどのような仕組みで利用される広告媒体なのでしょうか。その詳細をわかりやすくまとめています。

リスティング広告が表示される仕組みとは?

リスティング広告について知るためには、まずはどのような仕組みで宣伝をする広告媒体なのかを知る必要があります。

ここでは、リスティング広告についてご説明していきましょう。

リスティング広告では何が表示されるのか

リスティング検索の代用的なものには、Yahoo!やGoogle、bingといった検索サイトに表示されるものが挙げられます。

これは、検索サイトの利用者が実際に検索したワードに対して関連する広告が表示されるというもの。ユーザーはそのワードに関心があって検索しているわけですから、広告に対しても興味を示す可能性は高くなります。

●検索サイト以外の広告も

リスティング広告の仕組みがよく分かったよ!もちろん、検索サイト以外でも広告を出すことができます。コンテンツ連動型広告や、行動ターゲティング広告と呼ばれるものがそれにあたります。

Google AdWordsでは「ディスプレイネットワーク」、Yahoo!では「インタレストマッチ」と呼ばれるものがあります。検索ワードではなく、いま表示しているサイトの内容や、あるいはユーザーの過去の閲覧履歴や興味関心に関わるものを広告として表示します。

●それぞれの強みを理解することが大切!

検索サイトでのリスティング広告は、WEBサイトの最初の入り口になる検索画面に表示されるので、目に留まりやすくまた興味をひきやすいという利点があります。

しかし、検索サイトを閲覧しているのはインターネットを利用する時間のほんの数%。検索サイトから移動した先のコンテンツを眺める時間のほうが圧倒的に多いわけです。そういった意味では、コンテンツ連動型のものやインタレストマッチのようなものにも有利な面があります。

それぞれのサービスの特性を見極め、商品や情報をどう宣伝するのが効果的かを見極めることが大切です。

広告が表示される順位は?

キーワードやコンテンツに関連した広告が表示されるといっても、関連する広告は無数にあるはず。では、その中から実際に表示される広告はどうやって選ばれるのでしょうか。また、表示される順番はどう決まるのでしょうか。

複数の要素が関係していますが、まずは予算が重要になります。入札価格に応じて表示の順位が決まるのが一般的な仕組みです。

ただそれだけでなく、広告の「質」も考慮されるのがリスティング広告のミソ。予算を増やさなくても、広告の質を良くすれば順位を上げることも可能です。

表示順位を決めるシステムは、多くの場合はっきりとは明示されていません。ある程度セオリーはありますが、専門家のアドバイスを受けることも大切です。

広告の仕組みを把握したら画期的な料金プランを知ろう

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。