メリット・デメリット

リスティング広告を利用することのメリットとデメリットをそれぞれご紹介しています。

リスティング広告を利用するメリット・デメリットとは?

インターネット広告の主流といえる、リスティング広告。これだけ利用されているのには、もちろん理由があります。

ここでは、リスティング広告を選ぶメリットをご紹介しています。また、いくつかあるデメリットもあわせてご紹介していきたいと思います。

リスティング広告のメリット

●興味・関心の強いユーザーに訴求できる

リスティング広告は、検索したワードに関連する広告を表示するもの。そのワードで検索している以上、表示される広告にも一定の興味がある可能性は高くなります。

興味・関心のあるユーザーを狙って宣伝ができるので、費用対効果に優れています。

●限られた予算で始めることができる

リスティング広告のメリットを実感!リスティング広告の広告費用は、一般的にはクリックの回数によって決まります。ですから、たとえば予算が3万円しかなくても、3万円を使い切るまで、という範囲内でリスティングを始めることができます。

お試しで始めることもできますし、本当に限られた予算で宣伝をしなければならない場合にも気軽に利用できます。

●リアルタイムで効果がわかる

広告の運用状況は、ブラウザ上でリアルタイムで把握することができます。費用はどれくらいかかっているのか、実際のクリックはどれくらいなのか、購入・成約まで至ったのはどれくらいか…というデータがすぐにわかります。

これを利用して、細かく広告の出し方を調整できるのが強みのひとつです。

●始めたり、停めたりするのが簡単

アカウントさえ用意すれば、すぐに広告を掲載できる手軽さがリスティング広告にはあります。もちろん広告停止もすぐにできるので、効果が見られない場合に停めやすいというメリットもあります。

●キーワード単位で調整ができる

通常、リスティング広告はいくつかのキーワードに対して入札をします。

実際に広告を出してみて、成績の良いキーワードとそうでないキーワードを見極め、成績の良いキーワードに予算をかけていく、というような調整が可能です。

上でご紹介したように、広告の結果はリアルタイムで把握できます。それを利用して細かくキーワード調整をすることで、より高い効果を得ることができます。

また、広告文の内容も自由に設定できるので、キーワードと広告内容をいろいろと変えながら宣伝することができます。

デメリット

●幅広い宣伝にはなりにくい

興味・関心のあるユーザーに訴求できるのはメリットではあるのですが、一方で関連キーワードを検索するユーザーにしか訴求できないという面もあります。

広く一般に商品やサービスを知ってもらいたいというケースでは、リスティング広告は不利かもしれません。

●手間がかかる

キーワードや広告文などを細かく調整できるのがリスティング広告の強み。ということは、細かい調整をする手間がかかるということでもあります。

日々のデータを確認して、仮説を立てて広告を直す手間がかかるというのはデメリットのひとつでしょう。

メリット・デメリットを理解して使うべし!

以上がリスティング広告のメリットとデメリットでした。

手間がかかることと、幅広い認知の拡大には向かないという弱点はあるものの、それを補って余りあるメリットがあることもご理解いただけたのではないかと思います。

メリットとデメリットをよく理解して、効果的な広告宣伝にぜひリスティング広告を利用してみてください!

メリット・デメリットを理解してリスティング広告を利用しよう!

※このサイトは、個人が運営するサイトです。
最新の価格は各公式サイトでご確認ください。